HOME    目次へ 前のページへ 次のページへ
 

          昭和26年の絵日記

 
7月28日   登 校 日

 きょうは、がっこうにいきました。 

 こうどうでおはなしをしてください 

 ました。             
          
 そしてなつやすみのともにまるをつ 

 けてくださいました。       


当時の小学校は明治時代に建てられた古い木造の校舎が
あり、1年生のクラスは6クラスありました。
開拓部落から来ていた生徒は弁当にお米の代わりにジャ
ガイモを入れて食べていました。
この年か次の年から学校給食が始まりましたが、パンや
脱脂粉乳はユニセフの援助物資でした。
この頃の蛋白源は鯨の肉で、肉といえば鯨でした。時々
出される肝油が苦手で鼻をつまんで飲んでいたことを思
い出します。