HOME
目次へ 前のページへ 次のページへ              昭和26年の絵日記


8月23日   ぺ ち ゃ 
 今日はおかもとたかしくんとぺちゃを   しました。               おとうさまが「へたの」といいました。  「もうすこしねっしんにしなさい」と   おっしゃいました。         
「ぺちゃ」とは東京地方で「めんこ」というものと同じものだと
思います。
「ぺちゃ」は、四角や丸の厚紙に絵が描いてあるもので、地面に
それぞれの「ぺちゃ」をならべ、順番がきたら自分のぺちゃを投げ
つけて、相手のぺちゃがひっくりかえったらそのぺちゃはもらって
よいという遊びです。