駒込プリズン日記C

(仕切り直しの食道がん治療の記録)

HOME   前へ   続き  

駒込プリズン日記目次  重粒子線治療の記録目次

時系列記録
内視鏡写真による推移

現在、第3回目の抗がん剤治療が終了し、4月1日に効果確認のための検査を行う予定である。
これらの写真を時系列に並べてみると、自分の心の浮き沈みを見ているような感慨に襲われた。


 

重粒子医科学センター病院2,008年7月10日 発見時(重粒子照射前)の状態  

 

 

 

 

 

    

    

****************************************************
 

 

重粒子医科学センター病院2,008年9月9日 重粒子線治療後1ヵ月後 この画像を見たときは嬉しかった。  

 

 

 

 

  

****************************************************
 

 

 

重粒子医科学センター病院2,008年10月21日 重粒子線治療後2ヵ月後 先生からは、順調な経過と説明を受けたが かすかな不安を感じた。  

 

 

    

    

****************************************************
 

 

 

重粒子医科学センター病院2008年12月9日 重粒子線治療後3ヵ月後 この写真を見た途端、ダメだったと思った。 他への転移の恐怖も感じた。  

 

 

    

都立駒込病院での抗がん剤治療前の写真2008年12月24日     

****************************************************
都立駒込病院での第1回目抗がん剤治療終了後 2009年1月29日 予想外の効果に嬉しさを禁じえなかった。     

****************************************************
都立駒込病院での第2回目抗がん剤治療終了後 2009年3月4日 更に改善されていると聞き、EMRでも適用できるのではないかと期待が生まれた。   
HOME   前へ   続き  

 あなたは累計 
  人目の訪問者です。 
 本日は  番目のアクセスです。
 昨日のヒット数は  でした。